Powered By 画RSS

首都圏新都市鉄道( つくばエクスプレス )


[ 首都圏新都市鉄道( つくばエクスプレス ) ]

つくばエクスプレスは秋葉原から
つくばまでを結ぶ第三セクター方式の鉄道です。

路線に踏切は一切無く、ATOを使った自動運転や
時速130キロ運転、交直流電車など
いままでの三セクとはちょっとレベルが違うのが特徴。

交直流なのは沿線に地磁気観測があるため
直流電化にはできず、
かといって全線交流にするもの
費用がかかるのでこうなりました。

元々常磐線の混雑緩和のため計画されたため
常磐新線とも呼ばれていましたが
国鉄やJR側が建設しないことになったりで
結局三セク方式で建設されることになり
首都圏新都市鉄道という名称になりました。
しかし、この名前ではほとんど呼ばれず
現在はつくばエクスプレスで名前が定着しています。

車両はアルミ車体で流線型の
特徴的な顔をした車両が使われています。
全車両が通勤電車ですが
お召し列車になったこともあります。

一応東京駅乗り入れなどの計画があるが
建設費用の返済でいまのところ精一杯な状態らしいです。

鉄道関係の動画はこちら
[鉄道動画まとめ]

ビコム ブルーレイ展望::つくばエクスプレス 秋葉原~つくば~秋葉原 全線往復 TX-2000系【Blu-ray】 [ (鉄道) ]



★ブログランキングサイト、応援お願いします★
[ 2013/11/05 22:00 ] 鉄道事典 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tetudounews365.blog.fc2.com/tb.php/642-315de7b4



ブログパーツ アクセスランキング レンタルCGI
カスタム検索