Powered By 画RSS

北朝鮮の鉄道

北朝鮮の鉄道事情 [ 国分隼人 ]



[ 北朝鮮の鉄道 ]

北朝鮮の鉄道は1435mmの標準軌で
日本統治時代にだいたいの路線が整備された。

石油がなかなか入ってこないので
国内のほとんど路線が電化されている。
おかげで電化率だけは日本や韓国よりも上位の80%。
電化方式は直流3000V。
その電力もままならないときは
蒸気機関車まで動員されることがある。

とにかく何でも不足しているため
中国から北朝鮮へ行った程度の良い貨車が
使い倒されたり資源として使われたりで
なかなか貨車が返ってこないため
「貨車を返すまでそっちに貨車を走らせない」
と中国がキレたほど。

車両の整備能力や路線の保線能力がほとんどないので
20kmの距離を2時間かけて走ったりしている。

つい最近まで日本統治時代の電気機関車が現役だったり
満州鉄道時代の客車が現役だったりで
いろいろとすごい国である。
★ブログランキングサイト、応援お願いします★
[ 2013/10/01 17:53 ] 鉄道事典 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tetudounews365.blog.fc2.com/tb.php/486-4da0e9cd



ブログパーツ アクセスランキング レンタルCGI
カスタム検索