Powered By 画RSS

【南海電鉄】8日から「前方後円墳型ヘッドマーク」を取り付けて運転


[ 南海電鉄と阪堺電軌「前方後円墳」のヘッドマーク…世界遺産登録目指す ]
https://response.jp/article/2017/08/04/298322.html
by レスポンス


南海電鉄の沿線にある古墳群の
世界遺産登録を目指したPRとして
8月8日から南海電鉄の一部車両と
阪堺電鉄の一部車両の前面に
前方後円墳の形をしたヘッドマークを取り付けて
運転するそうです。

このヘッドマークは2018年1月31日まで
取り付けられるとのことです。


[ 南海電気鉄道( 南海電車 ) ]

南海電車は大阪の難波駅と和歌山や高野山、
関西空港などを結ぶ鉄道です。

和歌山港駅から四国へ向かうフェリーに連絡しており
昔は関西から四国へ向かうルートとして栄えていましたが、
最近は明石海峡大橋の開通やJRの快速電車の台頭で
南海本線の利用者が減ってきています。

高野山まで延びる南海高野線は橋本駅から極楽橋駅間まで
かなりの勾配区間になっており
50パーミルの坂もあるので乗っていて楽しい路線です。
この山岳区間は車体長17mの山岳対応車であるズームカーしか
入線できないのが運用上のちょっとしたネックになっています。

鉄道関係の動画はこちら
[鉄道動画まとめ]

南海電鉄 特急ラピート・高師浜線/泉北高速鉄道 特急泉北ライナー・準急 4K撮影 難波~関西空港 往復/羽衣~高師浜 往復/難波~和泉中央 往復【Blu-ray】 [ (鉄道) ]



★ブログランキングサイト、応援お願いします★
[ 2017/08/07 12:00 ] 南海電鉄のニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tetudounews365.blog.fc2.com/tb.php/4340-e0bbcf45



ブログパーツ アクセスランキング レンタルCGI
カスタム検索