Powered By 画RSS

【JR東日本】上下分離を条件に只見線を復旧へ

[ 只見線の会津川口~只見間「上下分離」条件に復旧へ…JR東日本と福島県が基本合意 ]
https://response.jp/article/2017/06/19/296312.html
by レスポンス


2011年の水害以降運休が続いている
只見線の会津川口駅-只見駅ですが
福島県が車両や設備を保有し
JRが運行をおこなう
上下分離方式を条件に
復旧させることが決まったそうです。

まあ利用者の少ない路線なので
上下分離はしかたがないですね…。
廃線にならなくてよかった。


[ 東日本旅客鉄道株式会社( JR東日本 ) ]

1987年に国鉄の東日本地域を引き継いで誕生した鉄道です。

JR東日本は関東圏だけで1兆円近く稼ぐ大企業ですが、
東北地方は慢性的な赤字で
支社ごとにみるとけっこう大変な面もあります。

ちなみに鉄道会社としては珍しく
自前の発電所を持っていたりもします。

JR東日本はステンレス車両を一気に投入して
車両を置き換えることでコスト削減や
保守負担を低減させようとしていますが、
209系、E231系、E233系と次から次へと新しい車両を
投入しているのではたして
保守負担は軽減できているのかは謎です。

ほかに無線式の保安装置や蓄電式の電車など
新しい技術を投入したがりますが
E331系みたいにたまに失敗もしています。

JR東日本の鉄道動画はこちら
[鉄道動画まとめ]

【送料無料】只見線(小出~会津若松)/鉄道[Blu-ray]【返品種別A】



★ブログランキングサイト、応援お願いします★
[ 2017/06/20 12:00 ] JR東日本のニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tetudounews365.blog.fc2.com/tb.php/4290-a07e8669



ブログパーツ アクセスランキング レンタルCGI
カスタム検索