Powered By 画RSS

【函館市電】3月25日からICカード乗車券のサービス開始

[ 函館地区のICカード「ICAS nimoca」3月25日サービス開始 ]
http://response.jp/article/2017/02/24/291192.html
by レスポンス


3月25日から導入されるICカード乗車券は
「ICAS nimoca」という名前で
西鉄が使用しているニモカと同じ仕様で
カード自体は3月15日から販売されるとのことです。

「イカスニモカ」って名前は
もうちょっとなんとかならなかったのかな…。


[ 函館市電 ]

函館市電は函館市企業局交通部が運行する
地方公営企業の路面電車です。

函館市電の線路幅は
都電や京王線と同じ1372ミリを採用し
昔は函館市内各地を結んでいましたが、
自動車の普及によって徐々に縮小されてしまい
現在はいくつかの生き残った路線がくっついた
10.9キロの路線のみになっています。

車両は譲渡車両の多い他の路面電車とは違い
オリジナルの車両ばかりで
箱館ハイカラ號といった古い車両から
超低床路面電車のらっくる号など
バラエティー豊かな車両が活躍しています。

函館市電では五稜郭方面や函館空港方面への
延伸計画がありますが、
予算の問題や利用者数の少なさがネックで
なかなか進展していないようです。

鉄道関係の動画はこちら
[鉄道動画まとめ]

■【モデルアイコン】 函館市電8000キット(グレイスモデル) (698M1)



★ブログランキングサイト、応援お願いします★
[ 2017/02/26 12:00 ] 中小私鉄のニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tetudounews365.blog.fc2.com/tb.php/4117-077cf998



ブログパーツ アクセスランキング レンタルCGI
カスタム検索