Powered By 画RSS

中国、時速600キロのリニアを開発へ

[ 時速600キロのリニア開発 中国中車、独自技術で ]

http://mainichi.jp/articles/20161022/k00/00m/030/150000c
by 毎日新聞


中国が時速600キロで運行可能なリニアを
独自技術で開発していくそうです。

リニアの技術はドイツと日本が
ほとんどの特許をとっているはずなので
独自技術での開発はほぼ不可能なんじゃないかなぁ…



[ 高速鉄道 ]

高速鉄道とは主に
時速250km以上で運行されている鉄道のことを指します。

ちなみに鉄輪式の最高速度は
フランスのTGVが出した時速574.8km。
磁気浮上式だと日本のリニアが出した時速603km。
しかし、鉄輪式での高速化には費用面などで限界があるので
営業運転で出せる最高速度は
時速400kmぐらいが限界らしいです。

高速鉄道は日本が東海道新幹線を開業して以来
様々な国でも運用されるようになりましたが
背伸びをして他国から輸入した高速鉄道を導入したものの
ずさんな運行や管理が原因で大なり小なりの
事故を起こす国もでてきています。

そもそも、高速鉄道は開発や運行するにはその国にある
技術力が一定以上なければ難しい乗り物で
日本、ドイツ、フランス、イタリアが独自に
高速鉄道を開発し、運行できたのは元から技術力があったからで、
他国から高速鉄道を輸入した国が
数年で国産化できるようなものではありません。


鉄道関係の動画はこちら
[鉄道動画まとめ]

【新品】【書籍・コミック 医学・科学・技術】世界の高速鉄道



★ブログランキングサイト、応援お願いします★
[ 2016/10/22 20:00 ] 海外の鉄道ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tetudounews365.blog.fc2.com/tb.php/3877-ac54bc6e



ブログパーツ アクセスランキング レンタルCGI
カスタム検索