Powered By 画RSS

中国高速鉄道、時速420キロ同士でのすれ違いに成功

世界初!中国自主開発の高速鉄道が相対速度840キロのすれ違い実験を実施―中国メディア
レコードチャイナ


中国の「自主設計、自主開発し、全面的に知的財産を所有する」車両が
時速420キロで走行する列車同士のすれ違いを行ったそうです。
今まではフランスが1989年に出した時速777キロが最高だったので
磁気浮上式を除くと世界一になるみたいです。

なぜ中国のマスコミは毎回記事に自主開発とか書くのか不思議です。
中国的ブラックジョークみたいなもんなんですかね。



[ 高速鉄道 ]

高速鉄道とは主に
時速250km以上で運行されている鉄道のことを指します。

ちなみに鉄輪式の最高速度は
フランスのTGVが出した時速574.8km。
磁気浮上式だと日本のリニアが出した時速603km。
しかし、鉄輪式での高速化には費用面などで限界があるので
営業運転で出せる最高速度は
時速400kmぐらいが限界らしいです。

高速鉄道は日本が東海道新幹線を開業して以来
様々な国でも運用されるようになりましたが
背伸びをして他国から輸入した高速鉄道を導入したものの
ずさんな運行や管理が原因で大なり小なりの
事故を起こす国もでてきています。

そもそも、高速鉄道は開発や運行するにはその国にある
技術力が一定以上なければ難しい乗り物で
日本、ドイツ、フランス、イタリアが独自に
高速鉄道を開発し、運行できたのは元から技術力があったからで、
他国から高速鉄道を輸入した国が
数年で国産化できるようなものではありません。


鉄道関係の動画はこちら
[鉄道動画まとめ]

【新品】【書籍・コミック 医学・科学・技術】世界の高速鉄道



★ブログランキングサイト、応援お願いします★
[ 2016/07/18 20:00 ] 海外の鉄道ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tetudounews365.blog.fc2.com/tb.php/3703-346c7095



ブログパーツ アクセスランキング レンタルCGI
カスタム検索