Powered By 画RSS

琴電、1日フリー切符のデザインを1000形と3000形の写真に変更

1日フリー切符発売 今年度は“90歳”迎える2車両
毎日新聞


琴電の1日フリー切符の2016年度版が販売中ですが
デザインが1000形と3000形が車庫で並んでいる姿に
変更されているそうです。

切符は1枚1230円ですが
特製フォルダー付きの限定セットを2460円で
販売しているとのことです。

[ 高松琴平電気鉄道(ことでん) ]

琴電は香川県の高松を中心に
琴平線、長尾線、志度線の3路線を持つ地方私鉄です。

使用している車両は
他社から譲渡された車両がほとんどで
昔は阪神電鉄の名車851形などが走っていました。
現在は元京急1000形や
元名古屋市営地下鉄の1200形などが使われています。

琴電は1990年代に瓦町駅にそごうと協力して
百貨店を開業しますがものの見事に失敗して破綻。
この頃の琴電は殿様商売をしていて雑なサービスだったため
沿線からは「琴電はいらないけど鉄道は残せ」
と言われるほどでした。
民事再生法によって徐々にサービス向上に努め
現在はそれなりに愛される鉄道になっているようです。

鉄道関係の動画はこちら
[鉄道動画まとめ]

琴電100年のあゆみ [ 森貴知 ]



★ブログランキングサイト、応援お願いします★
[ 2016/05/19 20:00 ] 中小私鉄のニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tetudounews365.blog.fc2.com/tb.php/3597-66a53b52



ブログパーツ アクセスランキング レンタルCGI
カスタム検索