Powered By 画RSS

JR西日本、新幹線用まくらぎ交換機編成などを導入

乗りものニュース


山陽新幹線に脱線防止ガードを設置するため
枕木の交換が必用になるのですが
新しく導入した交換機編成を使用することで
交換効率を上げるそうです。

バラストの回収から枕木の交換をして
再びバラストを撒きなおして突き固めと
軌道補正までおこなうとのことですごい車両です。

[ 西日本旅客鉄道( JR西日本 ) ]

JR西日本は1987年に国鉄の西日本地域を
引き継いで誕生した鉄道です。

新快速が有名ですがJRになる前から
急行料金不要の急行(関西急電)が京阪間を走っており
速さには昔からかなりこだわりがある会社です。

都市部はそれなりに儲かっていますが、
日本海側やその周辺の路線は
しゃれにならないぐらいの赤字なので
保線費用を節約するため
数日運休になったり15km/hの徐行区間を設けるなど
かなり苦労しています。

JR西日本の動画はこちら
[鉄道動画まとめ]

【バーゲン本】【送料無料】新幹線保線ものがたり【バーゲンブック】 [ 深沢義朗 ]



★ブログランキングサイト、応援お願いします★
[ 2016/04/17 20:00 ] JR西日本のニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tetudounews365.blog.fc2.com/tb.php/3548-f97efb93



ブログパーツ アクセスランキング レンタルCGI
カスタム検索