Powered By 画RSS

京阪、ちはやふるのラッピング電車が運行開始

産経WEST


このラッピング電車は実写映画化された
「ちはやふる」の公開にあわせたもので
3月下旬まで運行されるそうです。

「ちはやふる」は元々競技かるたを題材にした
少女マンガでアニメ化もされている人気作品ですが
実写化はどうなんでしょうかね。

[ 京阪電気鉄道(京阪電車) ]

京阪電車は大阪の淀屋橋駅から京都の三条駅までの京阪本線と
交野線、宇治線などの支線と京都の御陵駅から
浜大津駅や石山寺駅、坂本駅を結ぶ大津線などを運行している鉄道です。

開業当初は街と街とをくねくね結ぶ路面電車で
高速化がなかなかできなかったため
社運をかけて高速走行が可能な「新京阪鉄道」を建設しましたが、
戦後のどさくさで阪急に編入されています。

車両の製造は川崎重工が多いですが、
自力でダブルデッカー車を製造したりもしています。
京阪電鉄の車両はわりと車体が小さいため複々線化や、
昼間は椅子が出てきて3ドアになる5ドアの通勤電車を開発して
ラッシュ時の混雑緩和に努力しています。

ちなみに記録映画のBGMのセンスがすごい。

京阪電鉄の動画はこちら
[鉄道動画まとめ]

■【プラッツ】(1/150)京阪600形 「ちはやふる」ラッピングトレインディスプレイモデル組立キット(KO-2)Nゲージ



★ブログランキングサイト、応援お願いします★
[ 2016/02/28 20:00 ] 京阪電鉄のニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tetudounews365.blog.fc2.com/tb.php/3466-3bd67421



ブログパーツ アクセスランキング レンタルCGI
カスタム検索