Powered By 画RSS

東京メトロ、2022年に丸ノ内線に無線式制御システムを導入

[ 東京メトロ、丸ノ内線に無線式制御システムを導入へ…国内地下鉄では初 ]by レスポンス


無線式にすることで車両故障なので片側の線路が
使えなくなっても反対側の線路を
単線並列として運行を続けることが出来るようになるそうです。

ちなみに日本の地下鉄で無線式導入は
丸の内線が初になりますが
海外ではすでに使用されているみたいです。

[ 東京地下鉄( 東京メトロ ) ]

東京メトロは東京都を中心に運営している地下鉄です。

元々、帝都高速度交通営団(営団)という名称でしたが、
民営化の一環で2004年に今の名称に変更されています。

東京メトロは日本初の地下鉄である銀座線や
混雑率日本一の東西線などがあり
東京の交通網の地下の主役となっています。

東京メトロの路線は銀座線と丸ノ内線以外は
ほとんどの路線で他社と相互乗り入れを行っており
地方の人間が使おうとしてもどこへ行くのかさっぱりわからない
ということが多々あります。

車両はステンレス車やアルミ車ばかりですが
銀座線の車両にはフルラッピングを施してなるべく
昔の車両に近い外観になるよう努力しています。

半分公営のような状態だけど
大手私鉄のメンバーに入ることもある
ちょっとややこしい鉄道です。

鉄道関係の動画はこちら
[鉄道動画まとめ]


★ブログランキングサイト、応援お願いします★
[ 2016/01/29 12:00 ] 都営、メトロのニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tetudounews365.blog.fc2.com/tb.php/3414-decc7ae8



ブログパーツ アクセスランキング レンタルCGI
カスタム検索