Powered By 画RSS

えちぜん鉄道

[ えちぜん鉄道 ]

えちぜん鉄道は
福井駅から勝山駅までのびる勝山永平寺線と
途中の福井口駅から三国港駅までのびる三国芦原線を
運行する第線セクター方式の鉄道です。

元々は京福電鉄の路線でしたが、
近代化の遅れが原因で短期間に2度も大事故を起こしてしまい
近代化費用も運行維持も難しくなったため三セク化されました。

車両は京福電鉄時代に新造されたMC5001形1両と
残りは近代化のため導入された
元愛知環状鉄道の100形と300形がMC6001形とMC6101形として14両、
さらに元JR東海の119系がMC7000形として12両が活躍しています。

三国芦原線では途中の田原町駅で
福井鉄道と相互乗り入れする計画があり、
現在工事が進められています。

鉄道関係の動画はこちら
[鉄道動画まとめ]

えちぜん鉄道(Blu-ray Disc)



★ブログランキングサイト、応援お願いします★
[ 2015/09/24 10:00 ] 鉄道事典 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tetudounews365.blog.fc2.com/tb.php/3204-67938349



ブログパーツ アクセスランキング レンタルCGI
カスタム検索